hidemaruggl-blog

日々思ったことを投稿します

帯状疱疹 病気

堀ちえみさんの舌ガンとの闘い★早期発見するための対策を考えました

投稿日:

昨日、堀ちえみさんがテレビ番組に出演されていました

 

 

舌ガン発見から、闘病、現在に至るまでの過程を、再現VTRと平行して語られていました

 

 

堀さんの舌ガンは、いろんな理由が重なり、発見が遅れたそうですが、その理由について、下記の振り返りをされていました

 

 

自分の周囲の人たちが、同じような状況にならないように、気をつけたいと思います

 

◆堀さんの舌ガン発見が遅れた理由

 

1・別の病気のため服用していた薬の副作用と考えた

 

 

2・かかりつけの医者に「悪性ではない」と言われた

 

 

3・誤った対症療法で治療できると勘違いした

 

 

4・それまでの別の病気との闘いや出産で痛みへの耐性が高く我慢できてしまった

 

 

以下、補足と対策です

 

1・別の病気のため服用していた薬の副作用と考えた

 

⇒関節リュウマチの薬の副作用に口内炎があり、舌のできもの(腫瘍)を口内炎と思ったそうです

 

 

初期段階の場合、これについてはやむをえないかも、ですね

 

 

 

2・かかりつけの医者に「悪性ではない」と言われた

 

⇒ひどい話です

セカンドオピニオンとして、セカンドドクターを持ちたいです

 

 

3・誤った対症療法で治療できると勘違いした

 

⇒舌の腫瘍はレーザーで焼くと、二、三日は痛みが和らいだそうです

 

痛みが再発した時点で効果がなかった、と判断し、別の治療法を探すようにしたいです

 

 

4・それまでの別の病気との闘いや出産で痛みへの耐性が高く我慢してしまった

 

⇒五人の出産と股関節変形症などの痛みの激しい病気の経験から、痛みを受け入れてしまったそうです

 

 

自分は昨年帯状疱疹を発症しましたが、痛みを受け入れられず、治療法をネットで探し回りました

 

 

痛みのない体の状態を幸せに感じます

 

その痛みのない状態を貪欲に追及するようにしたいです

 

 

見逃した方は下記の紀伊民報の番組紹介リンクをご参照ください

 

たけしの家庭の医学「堀ちえみさんが舌ガン闘病について語る」

 

 

 

 

-帯状疱疹, 病気

執筆者:


comment

関連記事

no image

帯状疱疹★感染症対症記★個人差ありの帯状疱疹(ほうしん)

帯状疱疹(ほうしん)は、体内残留の水疱瘡ウイルスの再活性化による病気です かなりキツイため、早期発見か予防接種をおススメします・・・・ と、知り合いに自信を持ってアナウンスしていたら、「そんなでも、な …

新型コロナで気分はロシアンルーレット状態です★感染当たり前の状態で発症するか、しないか

職場では新型コロナウイルスへの対応ガイドが日々更新されます   新型コロナの陽性反応がでたら、職場では、一定距離の座席の人は、濃密接触者として、自宅待機とするガイドとなりました   …

かなり痛い経験談★日本で急増の帯状疱疹★水疱瘡ウイルス再活性化

自分が左胸下に発症した帯状疱疹の経験談(治療継続中の進行記)です 帯状疱疹は、多くの人が持っている水疱瘡(水痘)ウイルスの再活性化により、発症する病気です 発症した部位、年齢により、自分のようにかなり …

no image

警戒のススメ★帯状疱疹のその後(水疱瘡ウイルスの再活性化で発症)

12月7日に発症した帯状疱疹について、です 現在、治療開始後3週間が経過して、帯状疱疹後神経痛の治療中です (帯状疱疹後神経痛は、ウイルスが皮膚に行き着くまでにたどった神経が傷んで発症する後遺症です) …

【WHO報告】新型コロナウイルスとインフルの症状感染力違い★感染者のウイルス排出期間の長さで感染拡大

新型コロナウイルスの拡大が脅威として、取り上げられる理由は、ひとえに、     【治療薬がないから】     という理解をしています     …

登録