hidemaruggl-blog

日々思ったことを投稿します

病気

覚えておきたい★カテーテル治療★患者の体への負担の軽さと治療の進化

投稿日:2020年3月14日 更新日:

2年ほど前、母が心臓が痛い、と入院したことがありました

 

幸い治療が早かったため、現在まで、投薬治療のみで、大事には至らずにすんでいます

 

と、その件を、先日、テレビ番組を観て、思い出しました

 

テレビ東京の「芸能人を救った名医たち」のスーパードクター密着のコーナーで、千葉西総合病院の三角先生の心臓カテーテル治療の紹介映像を見て、母に、心筋梗塞の症状が現れたら、診て頂きたい先生だ、と思いました

 

心臓のカテーテル手術で有名な先生で、これまでもテレビ番組で紹介されている方です

 

千葉西総合病院 三角医師プロフィールのリンク

 

三角先生は、地域の病院と連携して、独自の救急医療体制を運営しており、自分への直接の電話ホットラインで、多くの急患に対応していました

 

 

番組では、心臓疾患に待たせる意味はない、というポリシーも語られており、技術も確かでしょうが、プライベートはあるのだろうか?と心配になる位の患者ファーストの姿勢に驚きと尊敬の思いが湧きました

 

カテーテル治療については、下記の予備知識がありました

 

・外科手術よりも患者への負担が少なく回復が早い

 

・安易に施術できるので未熟医師による事故も多い

 

でしたか、カテーテル治療は、手術時間が短く患者の負担が少ないように、医師側からしても、同じ時間で外科手術よりも多数の患者に対応できるというメリットもあるのだと気づきました

 

外科手術よりも患者への負担の少ないカテーテル治療は、テルモなどの医療器具の開発会社の貢献もあり、日々進歩しているようです

 

下記の記事もご参考までリンク貼付します

カテーテル治療を支えてきたテルモの技術力~カンブリア宮殿

 

-病気

執筆者:


comment

関連記事

新型コロナで気分はロシアンルーレット状態です★感染当たり前の状態で発症するか、しないか

職場では新型コロナウイルスへの対応ガイドが日々更新されます   新型コロナの陽性反応がでたら、職場では、一定距離の座席の人は、濃密接触者として、自宅待機とするガイドとなりました   …

no image

警戒のススメ★帯状疱疹のその後(水疱瘡ウイルスの再活性化で発症)

12月7日に発症した帯状疱疹について、です 現在、治療開始後3週間が経過して、帯状疱疹後神経痛の治療中です (帯状疱疹後神経痛は、ウイルスが皮膚に行き着くまでにたどった神経が傷んで発症する後遺症です) …

堀ちえみさんの舌ガンとの闘い★早期発見するための対策を考えました

昨日、堀ちえみさんがテレビ番組に出演されていました     舌ガン発見から、闘病、現在に至るまでの過程を、再現VTRと平行して語られていました     堀さんの …

【WHO報告】新型コロナウイルスとインフルの症状感染力違い★感染者のウイルス排出期間の長さで感染拡大

新型コロナウイルスの拡大が脅威として、取り上げられる理由は、ひとえに、     【治療薬がないから】     という理解をしています     …

未知の怖さ★新型コロナの感染力と症例データ不足

新型コロナについて、連日報道されています   ですが、報道では、感染を恐れないといけない理由か今ひとつ弱い気がしています   なので、新型コロナを発症するとどうなるか、ググってみま …

登録