hidemaruggl-blog

日々思ったことを投稿します

帯状疱疹 病気

帯状疱疹★感染症対症記★個人差ありの帯状疱疹(ほうしん)

投稿日:2019年12月18日 更新日:

帯状疱疹(ほうしん)は、体内残留の水疱瘡ウイルスの再活性化による病気です

かなりキツイため、早期発見か予防接種をおススメします・・・・

と、知り合いに自信を持ってアナウンスしていたら、「そんなでも、なかったよ」と2年前に経験したという姉のコメント

どうも、個人差が大きいらしい
病院で、帯状疱疹を見せたら、広いですね、と言われたので、場所とその範囲が広いせいでキツイのかも、と思いました

症状がひどいと、神経痛の後遺症が残る場合あり、とのネット情報より、どんな治療が必要そうか、ググリました

その途中で、感染症の対応記録を募っているサイトがあったので、ご紹介します

何より、自分に近い症状の人がいると、励まされます

という事で、自分も、投稿しました
ご参考までリンクと投稿内容に追記して、下記します

現在12日目の18日水曜で、未完治のため、追って追記予定です

kansensho.jp

★★★★★★★★★★

この病気、疱疹部位と、広さによっては、キツイです

自分は、左胸の胸筋下とその背中側に疱疹が広く出たので、キツイようです

抗ウイルス薬が効き始めるまで2日程度かかるとの事なので1日でも早く抗ウイルス薬を処方されていたらもう少し楽だったか、と反省です。以下、状況です

12月7日土曜(1日目)
左の背中に激しい筋肉痛かと思う痛み発生
金曜にした筋トレが思い当たったため我慢

8日日曜
背中は痛いが用事があり外出。帰宅後、養生

9日月曜
出社するも左背中の痛みはひかず、左胸にチクチクした痛み発生
入浴時に帯状の水泡を発見

10日火曜
am皮膚科に行き帯状疱疹と診断
対ウイルス薬と鎮痛剤と塗り薬を処方される。会社休み
(抗ウイルス薬:アメナリーフ)
(鎮痛剤:アセトアミノフェン
(塗り薬)

11日水曜
日限の仕事あり出社。歩くと痛み。深夜に微熱出る

12日木曜
朝に平熱。日限の仕事あり出社。歩くと痛いのはは変わらず

13日金曜
元々の休暇予定を活かし自宅で養生
疱疹は気持ち快方に向かっているが、歩いた時の胸筋辺りの痛み、背中の鈍い痛み、皮膚表面のピリピリした痛みは変わらす

14日土曜・15日日曜
所用のあった日曜午前中以外は自宅で静養。痛みは変わらず

16日月曜
普通に出社するが極力運動せず
帰り道は、鎮痛剤の切れる時間帯で歩く度に体幹に鈍痛あり

17日火曜
普通に出社。7日分で1セットの抗ウイルス薬を昨日で飲み終わったので、次のステップの後遺症対策の相談のため、会社を1時間早上がりして、皮膚科へ。追加の鎮痛剤飲んで静養
疱疹は残っているが、半分程度に減少

鎮痛剤追加
・タリージェ錠
ノイロトロピン

18日水曜
出社時は鎮痛剤のためか、歩いても痛みなし。会社食堂への移動時、帰宅時は、歩いた時の痛みありは変わらず
薬飲んで静養

19日木曜
昨日同様、会社食堂への移動時、帰宅時は、歩いた時の痛みありは変わらず
薬飲んで静養

20日金曜
帰宅時に短距離なら早歩きできる程度の痛みに緩和。帰宅後静養

21日土曜
皮膚科でタリージェの増量処方され、アセトアミノフェンは終了し、結果、飲み薬は神経系の2種類に

痛みが我慢できれば動いてもよいとのことなので少しづつリハビリ予定

22日日曜
午前中の所用以外は静養
痛みあり横になった方が楽な状況

23日月曜
通常出社。夕方の痛みが少し収まるが帰宅後静養。食欲戻る

24日火曜
通常出社。疱疹がかさぶたごととれ、皮膚表面は赤いがツルツルの状態になった。2種類の薬を服用中であるが痛みは起きていられる位に緩和

だいぶ回復したのが自覚できて安堵

以上です

-帯状疱疹, 病気

執筆者:


comment

関連記事

覚えておきたい★カテーテル治療★患者の体への負担の軽さと治療の進化

2年ほど前、母が心臓が痛い、と入院したことがありました   幸い治療が早かったため、現在まで、投薬治療のみで、大事には至らずにすんでいます   と、その件を、先日、テレビ番組を観て …

no image

かなり痛い★帯状疱疹(タイジョウホウシン)

風邪か、激しい筋肉痛かしか、疑っていなかったのですが、昨日、帯状の湿疹を発見し、病名が確定できました   普段風邪もひかないような、自分みたいな人間もかかる病気として、ご紹介します &nbs …

かなり痛い経験談★日本で急増の帯状疱疹★水疱瘡ウイルス再活性化

自分が左胸下に発症した帯状疱疹の経験談(治療継続中の進行記)です 帯状疱疹は、多くの人が持っている水疱瘡(水痘)ウイルスの再活性化により、発症する病気です 発症した部位、年齢により、自分のようにかなり …

【WHO報告】新型コロナウイルスとインフルの症状感染力違い★感染者のウイルス排出期間の長さで感染拡大

新型コロナウイルスの拡大が脅威として、取り上げられる理由は、ひとえに、     【治療薬がないから】     という理解をしています     …

新型コロナで気分はロシアンルーレット状態です★感染当たり前の状態で発症するか、しないか

職場では新型コロナウイルスへの対応ガイドが日々更新されます   新型コロナの陽性反応がでたら、職場では、一定距離の座席の人は、濃密接触者として、自宅待機とするガイドとなりました   …

登録