hidemaruggl-blog

日々思ったことを投稿します

未分類

AMD・NVDA★東洋経済の半導体特集でインスパイアされたので・・・今夜比べてみました★インテル、AMD、エヌビディア

投稿日:2020年10月22日 更新日:

ひでまるgglです

 

結論から・・・3社を比べた結果です

 

アナリストの来年度の経常利益予想:インテルはAMDの10倍、エヌビディアの3倍

 

但しAMD、エヌビディアの高成長率が続けば、数年後の利益がインテルに並ぶかも・・・と期待は膨らむ・・・

 

以下、考えに至った経緯です

 

知り合いに半導体関連の業界人がいるので、インテル、TSMC、サムスン等、半導体メーカーの動向に注意が向きます

 

と、昨日本屋に行ったら、東洋経済で、半導体業界の特集を組んでいました

 

その中で、株価が大きく上がった、とエヌビディアが取り上げられていました

 

エヌビディアの主力のグラフィックプロセッサー(GPU)は、ゲーミングPCやAIのディープラーニングに今後、更に必要になると言われています

 

最近、ゲーミングPCを買ったこともあり、ゲーミングPCのスペック表で、必ず見かけるインテル、AMD、エヌビディアの業績を比べたくなりました

 

参考まで、マネックス証券の比較表を貼付します

 

さすがにインテルは半導体売上高が世界一位なだけに、利益200億$(2兆円)、利益率(25%)も圧倒的です

 

が、ここ1、2年で、AMDのCPUの評価が高まり、データセンターやPCでの採用が進んでいるため、AMDの株価は先行高となっています

 

AMDの来年度のアナリスト予想利益は、20億$(2000億円)と今年度予想の54%増で、インテルの1/10となっています

 

同率で成長(?)すると、3年後に45億$と、インテルの1/4程度になり、インテルも焦るでしょう

 

現在の株価がどこまで織り込んでいるのかは?ですが、自分が過去に思っていた、安さが売りのCPUメーカーというAMDの評価は修正する必要がありました

 

但し、AMDの上を行くのがエヌビディアです

 

経常利益率は35%超で今年度予想は55億$と既にインテルの1/4 です

 

更に来年度は65億$とインテルの1/3の予想です

 

ということで、エヌビディア1株、AMDを4株買っていますが、しばらくホールドしようと思いました

 

 

楽天証券

 

マネックス証券

 

 

 

 

 

 

 

-未分類

執筆者: