hidemaruggl-blog

日々思ったことを投稿します

未分類

【飲み込み力】と肺炎リスク★死亡原因3位の肺炎

投稿日:2019年10月27日 更新日:

早食べ中にむせてしまう自分へ【誤嚥性(ごえんせい)肺炎】の注意喚起のために、嫁さまがNHKの番組を見せてくれました

概要ページのリンクを貼ります

誤嚥性肺炎は、死亡原因3位の肺炎の7割以上を占め、飲み込み力と関係が深い、とのこと

飲み込み力の低下は気管への唾液・食べ物の流入→気管内での細菌繁殖→肺炎発症となるようです

肺炎は免疫力の落ちた高齢者の避けられない病気と考えていましたが、飲み込み力の低下が大きな原因であることに驚きがありました

これまで意識していなかった筋肉のため、意識してトレーニングする必要を感じました

食事中のむせ込みが多い方の参考になれば、と、戸原先生推奨のトレーニング法をご紹介します

また、飲み込み力=嚥下(えんげ)力関連のリンクも下記します

★★★★★★★★★★★★★★

東京医科歯科大学大学院の准教授、戸原玄(はるか)さん

1回10秒!口開けトレーニン
【対象】

食べ物が飲み込みづらくなった、食事中にむせるようになったなどの悩みのある方
【やり方】

1日5回、10秒間「思いっきり」口を開ける
目標は1か月続けること(2週間程度で効果が現れる人もいるとのことです)

※5回のトレーニングは、連続で行っても、間をあけても構いません。
※口を開けることで、強い痛みが出た場合は速やかにやめてください

-未分類

執筆者: