hidemaruggl-blog

日々思ったことを投稿します

社会

関電の金品受領問題★裁くのは法律かモラルか?

投稿日:2019年10月4日 更新日:

関電の偉い方たちが、原発運営をスムーズに進めるために、もらいっぱなしにしていた金品受領問題ですが・・

子供がお金を扱い始めたら、まず、お金の貸し借りはしない、お金は人にあげない、もらわない、ということを教えなきゃと、思いました

お金は、価値の対価として、受け渡しされるもの、というのが、一般的な考えだと思います

お歳暮、お中元などをもらっても、何か、返さなきゃと普通は、考えると思います

関電の偉い方たちは、もらった金品の対価を何で返そうとしたのでしょう

いつか、返せるように、自宅で保管していた、というコメントが報道されてもいますが、金品を渡した方の思惑は、対価分、儲けさせてくれよな、もしくは、儲けの邪魔をするなよ、だと思います

収賄罪、特別背任罪を立証するハードルが高い、ということも、報道されていますが、返すと怒り出すので、返せなかった、というスタンスを偉い方が貫いていた、というのは、驚きです

みんなで、うまく回せていたので、現状を壊したくなかった、ということでしょうが、受け渡しされていた金品の費用は、実際の運営費用にのっけられているのです

ということは、本当の被害者は、電気の使用者、もしくは、国からの補助金を税金で負担していた国民です

公的な企業が電気の使用者の利益を考えずに、企業を経営していた、ということは、十分背任行為だと思うのですが、法律で裁くハードルは高いようです

ですが、モラルに反しているのは間違いなく、そういう人が、公的な企業の経営層に居続けられたら、悲しい世の中だな、と思いました

f:id:hidemaruggl:20191004204829j:plain

-社会

執筆者: