hidemaruggl-blog

日々思ったことを投稿します

NASDAQ株価指数

投資信託とETF★米国株の手数料比較★ETFの方が安いです★参考)NASDAQ指数の6カ月〜5年前からの推移

投稿日:2020年7月18日 更新日:

ひでまるgglです 

 

米国株のNASDAQ指数に投資しよう、と思った時に、投資信託とETFのどっちが手数料安いの?と思いました

 

結論から言うと、信託報酬を考慮するとETFの方が手数料が安いです

 

ドルが口座にない場合、ETFは為替手数料が約0.25%相当必要ですが投資信託にもそれらのコスト分は信託報酬に織り込まれていると考えます

 

2019年7月に各証券会社の米国株の取引手数料が大幅に引き下げられ、米国株ETFも少額でも買い易くなりました

 

それ以前は米国株の最低手数料が5ドルだったので約100ドル取引だと5%相当の手数料になり投資信託の方が少額取引に向いていると言われていました

 

【投資信託と米国株ETFの比較】

◆米国株ETF:QQQ

★購入時手数料

約定代金の0.45%最大20米ドル

(約定5000ドル以上なら割安)

★信託報酬         0.2%

為替手数料   1ドルあたり25銭

                       (約0.25%相当)

 

 

◆投資信託三菱UFJNASDAQオープン

★購入時手数料ノーロード(無料)

★信託報酬        1.7%弱

★為替手数料     商品価格に含む

 

 

 

 

参考まで、NASDAQ指数と他の指数の推移比較です

 

それぞれ5年前、4年前、3年前、2年前、1年前、6ヶ月前からの騰落率比較

                5年 4年  3年 2年 1年 6m

NAS         100 100 66 30  24  12

NYダウ     45   40  21   4  -6  -10

日経          14   49  11  -1   3   -6

 

NASDAQから始める米国株★NASDAQは4年で2倍に上昇★5年前〜6ヶ月前のNYダウ・日経平均比較

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★

★TECL

テクノロジー・セレクト・セクター指数の運用実績の3倍(300%)の投資成果を目指す

TECLディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3Xシェアーズは、米国籍の上場投資信 託

 

★TECLとNASDA指数の3ヶ月6ヶ月チャート比較★3倍ブルテクノロジーセクターETF

★★★★★★★★★★★★★★
楽天証券とマネックス証券の公式サイトです

 

楽天証券

マネックス証券

マネックス証券 株主優待

★★★★★★★★★★★★★★★


米国株ランキング


海外ETFランキング

人気ブログランキングへ

-NASDAQ株価指数

執筆者: